35歳から妊活はじめました

35歳から妊活をはじめたYKの赤裸々な妊活日記


スポンサーリンク

大黒摩季さんの記事を見て思ったこと【低温期22日目】

こんにちは、YKです(*'ω'*)

ご覧いただきありがとうございます

今までの妊活歴はこちらからどうぞ☆

   ☟

 プロフィール

 

低温期22日目【30周期目】

基礎体温

測定休止

体調

特になし

下腹部痛少しあり

diary

今朝方、ネットニュースである記事を見ました
 
大黒摩季さんの記事です
 
かなりざっくり書くと
 
代理母出産の不妊治療でも授かれず→ごめんと思いながら生きるより夫の別の幸せを応援した方を選び離婚→忙しくて離婚届を出すのを忘れる→その間に別の女性との間に子供ができる→出産→出産後に離婚届を提出→元夫再婚
 
という内容でした
 
かなりざっくり書いたので、詳しくはネットニュースをご覧ください(⌒-⌒; )
 
記事では、大黒摩季さんから夫婦の形を見つめ直して離婚を言い出したと書いてありました
 
が、そのあとすぐに別の女性との間に子供を授かってることを考えると、元旦那さんはもしかしたら離婚という言葉を待っていたのかもしれませんね
 
読んでいてズキンと心に痛みが走りました
 
磯野貴理子さんの時もそう感じましたが
 
女はリミットがあるから絶対に子供を持てない未来が来るけれど、男はずっと子供を持てる未来がある
 
この差は大きいですよね
この差が色々と変えてしまうのでしょうね
 
私は今、幸せです
 
子供はいないけど、夫と仲良く毎日を過ごしています
 
でもそれはこれから子供を持てる可能性がゼロじゃないからかもしれません
 
私も、大黒摩季さんのように、友達の子供を抱っこしている夫を見て「ごめんね」と思います
 
でも今の私の場合は、まだ可能性のある「ごめんね」であって、大黒摩季さんのように絶対に子供が持てない状況になっての「ごめんね」とはやっぱり違うものです
 
今でも思います
私と結婚しなかったらこの人はもう子供を抱っこしているのかな?、私がいなくなれば新しい人生を歩めるのかなと
 
自分が子供を持てない年齢になったら、その気持ちに耐えられるのだろうか
 
かといって、私が離してあげさえすればこの人は子供という幸せを手に入れられると分かっていても、私も大黒摩季さんのように離してあげられるだろうか
 
大黒摩季さんのように才能があって素晴らしい女性でもない、何もない私にその勇気があるのだろうか
 
もしも順番が逆で、離婚の文字が出てない状況で、夫が不倫の末に子供を授かったとしたら、その女性と別れさせることができるのか
 
普通に子供のいる家庭の場合は中絶してもらって別れさせることが普通だったとしても、子供が産めない自分はそう言えるだろうか
 
今の私は一人でも幸せと思える人生とは真逆の方に進んでいます
 
子供がなかなか授かれない女はいつでも自立できる人生も心がけていかないといけないのでしょうか
 
改めて不妊のメリットって何にもないですね
 
休日の朝一に色々と考えてさせられた記事でした
 
 
言霊【私YKは、妊娠して来年に元気な赤ちゃんを産みます!!】
 

 ☟応援クリックしてもらえると嬉しいです☆

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへにほんブログ村 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ